カテゴリ:未分類( 2 )

開店祝いにとても喜ばれた造花のアレンジ

開店祝いというと大抵は、生のお花のアレンジメントですが、あれは季節によっては日持ちがしないうえ、お水をあげたりなどのお世話が大変です。



ある時お店の開店祝いを出す際に、夫がずっと通年飾れる造花でしゃれたものは無いだろうかと言い出しました。

近くのデパートで、そういえば本物と見まごう造花を売っているお店があったと思い、すぐに相談にいきました。



ここの造花はとてもリアルであるとともに、アレンジがとっても洗練されているのです。

いくら花材が良くても、アレンジのセンスが無ければ、生のお花も残念な結果になりますが、造花も同じです。



入念に打ち合わせをして、大きな丸いボールの底に丸い小さなガラスを敷き、その上にアレンジした造花がフワッと浮いているようなデザインのものを作ってもらいました。

大きなものだったので、お値段は1万5千円くらいでしたが、とっても素敵な仕上がりに大満足でした。



果たして喜んで貰えるかが心配でしたが、これがとっても喜んでいただけてお店で一番目立つ場所に置いてもらいました。

参考にしたサイト
http://xn--n8jaf0jpakt3iqhoa8cy735gbfeswxsk1ezg5azz0bp95a.com/



その後、お客さんがその造花のアレンジを見て、どこで売っているのか聞く人が続出したそうです。

そのお店のアドレスと、私が作ってもらった担当者さんのお名前をお店の方に教えておきました。
[PR]
by tenvic7 | 2013-10-06 00:46

二次会を盛り上げる景品

一次会と違って、二次会は少しくだけた感じになりますよね。

お酒の量も増えてくる二次会では、景品を受け取った人がうれしい物だけではなく、その場を盛り上げるような景品が好ましいでしょう。

また、あらかじめコンセプトをはっきりさせるのも良い方法です。

例えば「昔懐かしいもの」や「今の中高生の中で流行っている物」、「○○県の名産品」など、その場にいるみんなで共有できる話題かもしくは誰も知らない話題のどちらかが好ましいです。できるだけ、一部の人だけが盛り上がることのないように注意しましょう。

また、ビンゴのように順位が決まるようなゲームの場合あっても、律儀に1番の人に一番良い景品をプレゼントを渡すのではなく、中に何が入っているか分からないようにラッピングして、好きなものを選んでもらうような工夫をすると、例えばビリの人でも素敵な景品をもらえる可能性が残されているので、ゲームの最後まで参加する人のテンションを保つことができます。

できれば、景品はみんなの前で開封してもらって、その場の空気を共有しましょう。

なお、良いが回ってきて誰の景品か分からなくなる前に、小学校の時のように「名札」をつけるなんていうのも面白いかもしれませんね。

二次会景品のおすすめサイトはこちら
[PR]
by tenvic7 | 2013-09-06 01:02


ブログ


by tenvic7

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

開店祝いにとても喜ばれた造花..
at 2013-10-06 00:46
二次会を盛り上げる景品
at 2013-09-06 01:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧